法人設立(会社設立)について

法人設立(会社設立)について

 法人設立(会社設立)には登録免許税や定款の認証、印鑑の作成など、ご自身で行ったとしてもある程度のコストがかかります。

 定款や登記申請書は、法務局のホームページでダウンロードできますので、ご自身で作成することも可能ですが、定款は紙で作成した場合4万円の印紙を貼る必要があります。(電子定款にしますとこの印紙代は必要ありません。)

 税理士では定款の作成や登記申請書類の作成・登記申請は法律上できませんので、必要に応じ司法書士をご紹介いたします。

 また、設立後は社会保険の手続きも必要です。必要に応じ社会保険労務士をご紹介いたします。

 これらの業務は司法書士や社会保険労務士の業務であり、たとえ無料と称していたり本人が申請をしている体をとっていたとしても、税理士が引き受けることは法令上できないと考えています。また、他の士業の方々の仕事を奪うことにもなりますので、私の信条として引き受けることはできません。